コスメならパレット型が最適|バリエーションが豊富

最強のビタミンC

エイジングケアに最適

化粧水

最近よく見かけるようになったスキンケア成分が、apps(アプレシエ)です。appsは、最強のエイジングケア成分として注目されています。appsの正体は、ビタミンC誘導体です。ビタミンC誘導体というのは、ビタミンCをスキンケア成分にして、肌に浸透しやすくしたものです。そしてappsは、そのビタミンC誘導体の肌への浸透力をさらに高めた新しいタイプのスキンケア成分です。一説では、ビタミンC誘導体化粧水の100倍以上の浸透力があると言われています。肌の奥深くまで浸透するということは、肌内部から肌質改善・肌トラブル解消などができるということです。ビタミンCには、紫外線ダメージで出来るメラノサイトを予防したり、メラニン色素を分解してシミやソバカスやニキビ跡の黒ずみを薄くする効果があります。そのため、appsを配合している化粧水は、ホワイトニング効果も強力です。シミの予防とシミの改善が、apps配合化粧水一本でできます。ビタミンCは肌の弾力成分コラーゲンを作るサポートをする成分です。しかし、ビタミンCは水溶性で流れやすいため、野菜や果物、サプリメントなどで経口摂取してもコラーゲンの材料になるのはごくわずかです。apps配合の化粧水なら、塗った部分だけビタミンCが浸透して、コラーゲンの生成をサポートします。コラーゲンの増加は、ほうれい線のリフトアップ、小じわの解消、毛穴の引き締めなどに効果的です。

新しいビタミンC誘導体

美容液

肌を美しくする美容成分は、多くの化粧水に配合されています。女性の肌は皮脂が少ないので乾燥しやすく、肌トラブルになりやすいのが特徴です。トラブルのない肌を作るには、良質な美容成分配合の化粧品水で、丁寧にスキンケアをすることをが大切です。美容成分の中でも高い美肌効果があるの成分が、ビタミンC誘導体です。ビタミンC誘導体とは、ビタミンCを誘導体にして、スキンケアをしたときに美容効果が高まるようにしたものです。ビタミンC誘導体には、沢山の種類があります。最近注目されているのが、appsまたはアプレシエです。appsは、数あるビタミンC誘導体の中でも浸透力が最上ランクです。肌につけただけで、急激に深層部まで浸透します。手でつけることで、イオン導入器を使ったのと同一の美肌効果があると言われています。水性の性質と油性の性質の両方を合わせて持っているのがappsの特徴です。水にも油にもなじみやすく、化粧水だけではなく、美容オイルや乳液等にも界面活性剤なしで配合できます。appsの美肌効果を最大限に得るには、品質が良い状態のものを使うことが大切です。野菜や果物と同じで、appsにも鮮度があります。化粧水が製造された時点がピークで、時間が経過するとどんどん鮮度が低くなっていきます。開封したらできるだけ冷蔵庫に保管し、早めに使い切るのがオススメです。また、未開封の化粧水であれば、冷凍庫で長期保存もできます。

性質について

OKサインを出す女性

最強のビタミンC誘導体、「apps(パルミチン酸アスコルビルリン酸3Na)」を配合した化粧水が巷で人気です。本来、ビタミンCは水に溶けやすく油になじみにくい水溶性を持っています。皮脂バリアがある肌にビタミンCエキスをそのままつけても、角質層に浸透する前に蒸発してしまいます。新ビタミンCのappsは、水溶性と油溶性、二つの性質を兼ね合わせている、ハイブリッド型スーパービタミンC誘導体です。水にも油にもなじみやすいので、皮脂バリアがあっても大丈夫です。水溶性のビタミンC誘導体化粧水よりもすばやく角質層に吸収され、様々な美容効果を発揮します。appsの化粧水には、皮脂の抑制、ニキビの殺菌、シミやくすみの予防や改善、コラーゲンの生成などの美容効果があります。浸透性と共に持続性もすぐれていて、長期間使用するとニキビ肌やオイリー肌が改善し、健やかで滑らかな化粧ノリの良い肌質になります。ただし、appsには保湿効果はないです。保湿効果がないということは、apps化粧水だけでは肌が乾燥するということです。特に乾燥肌の人は要注意です。appsの化粧水だけでスキンケアをすると乾燥するので、他の美容液や美容オイル、乳液やクリームなどでカバーをする必要があります。洗顔をしたあとにappsの化粧水を塗ったら、セラミド、ヒアルロン酸、コラーゲンなど保湿効果が高い成分を配合した美容液をたっぷり塗るのがおすすめです。